子ども部屋の考え方。

子ども部屋の考え方。

こんにちは。鳥居です。
先日嬉しい報告があり、弟夫婦が3人目の子を妊娠したと。
最近は、まだお子さんがおられないご夫婦がお家を建てられるケースも多く、
子ども部屋の考え方も様々です。
子どもは何人ほしいか、広さはどうするか、将来子どもが出て行ってからはどう活用する?
などなど...。
建築家は過去の経験を活かし、様々な可能性を考慮してご提案いたします。

先日打合せしたT様。
現在はお子さんが一人おられますが、4人家族を想定したお家です。
子ども部屋は最低限の大きさにし、その分リビングは広め。
お子さんが遊ぶためのタタミコーナーもあり、自然とリビングが家族の居場所になればいいなと...。
まだまだ打合せは始まったばかりですが、楽しくお家づくりができるよう
スタッフ一同精一杯努めてまいりますので今後ともよろしくお願いいたします。


IMG_1622.JPG