C値測定の見学に行ってきました

C値測定の見学に行ってきました

こんにちは、大里です。

急に寒くなりましたね。
どなた様も、温かくして週末をお過ごしくださいね。


10月13日に、あるお客様のお家のC値(隙間相当面積)測定を行いました。
C値というのは、住宅の気密性(隙間の量)を表す指標です。

写真の気密測定試験機を使って行います。
どれだけの空気が室内から外部に流出するのかを
住宅の床面積で割って算出します。

結果は... 0.2でした!
ゼロに近いほど隙間が少なく気密性能が高いと言えます!
1.0以下が必須です!!

弊社のこれまでの実績は0.2~0.6です。
※この値は、お家の大きさや使っているサッシなどによって
異なります。

ki.jpgre.jpg

気密性能がしっかりしていないと
せっかくの新築でも、冷暖房が効きづらいな...?
高気密高断熱住宅と言っていたわりには光熱費がかかってないか...?
なんてことにならないために!

これからお家を建てられる方は
・施工中の「気密測定」の実施を必ず約束してから契約すること
・過去の測定実績を確認させてもらうこと
この2点をきちんと確認されてから
お家づくりを始めていただきたいです!

弊社では、お家づくりを始められるにあたって大事なこと
を「後悔しないための 賢い家づくり勉強会」を通して
たくさんのお客様に学んでいただいております。
ご興味のある方は、お気楽にご連絡くださいませ!
スタッフ一同、心よりお待ちしております♩