これからの家づくり

これからの家づくり

こんにちは。
平木です。

コロナ渦において、多くの人が外出を控えるようになり、
「おうち時間」を楽しむという方が増える一方で、
「コロナ離婚」のように在宅時間の増加で家族関係が悪くなった
というニュースも流れています。
家にいる時間が長くなったせいで、マンションやアパート
に暮らす方がストレスを感じることが増えているもの事実です。
近隣住民への配慮から、子供を叱ることが多くなる。
そうなるとどうしても戸建て住宅のほうがストレスなく暮らせます。

私たちR+house滋賀南では建築家と一緒に
どのように暮らすことが一番快適なのか・・・
を考えます。

例えば、キッチン。
今までは奥様一人が使いやすいキッチンであればよかったのですが、
外食の機会が減った今は、家族一緒にごはんを作って食べることがかけがえない時間になる
家庭も多いと思います。
そうなるとどんなキッチンが必要なのか。

その他、最近の要望としては、
ジム通いやヨガ教室に通えなくなったので、そのためのスペースを設ける。
センサー付き水栓にする。
リモートワーク用の個室の確保。
感染対策も兼ねてのトイレは二つ。
ドアに触れずに洗面に行ける。
プロジェクター投影用のスペース。

新しい生活様式になった今、明らかにニーズが変わってきています。

そして一番大切なのは、おうちの性能。
長時間過ごすことになると光熱費がかかります。

外見面、そして構造面
どちらの側面からも考えます。

あんなことこんなこと
どんなこともご相談ください。


160908_0012.jpg