設計士と建築家の違い

設計士と建築家の違い

こんにちは。
平木です。
昨日、建築家の吉田豊先生とS様の打ち合わせがありました。
先生が設計士と建築家の違いについてお話しくださいました。

設計士はお客さまのご要望に合わせて間取りを作る。
初めておうちづくりをするお客様主導で作っていきます。

建築家は一般的に暮らしやすい間取りではなく、お客様が思い描く暮らしのストーリーに対して骨組みや色を与える。
庭と家の関係。
家の中から見える景色。
差し込む光。
風の向き。
そして街並みとの調和。
そういったものをトータルで考えてプランニングをする。
そして同じ大きさの家であっても広く見せることができます。と・・・

どんな方にも80点のプランよりも、我が家にとっては120点のプラン。

あらためて建築家との家づくりに魅力を感じた日でした。

IMG_5899.JPG